all four エクササイズ

今日はトレーニングのご紹介です!

ジムやご自宅でのトレーニングの際には、段階的に負荷の強度を上げていくことが大切です。
そして、足される負荷に比例するように、ポジションも少しずつ難易度が上がってくるように設定すると体が順応しやすくなります!

トレーニングの冒頭は、体を支えてくれる床と仲良くなることからスタートしましょう!

今回おすすめしたい “all four” とは、手足4点で体を支えることを表していますので、言い換えれば”四つん這い”のことです。
床との良好な力関係を作る上で、まずは接地面を増やしてあげると体の安定性がアップして、少ない緊張感で合理的に力を発揮することができます!

実は私たちの日常生活の大半を占める2足支持は、体が開きやすく、緊張感が高くなりやすい姿勢なのです。
現在の生活の必需品がそうしているとも言えますが…笑

all four の中で、股関節と体幹の動きの協調に最適な「ロックバック」というエクササイズをやってみましょう!!

【手順】

1. all four にセットして、足首を楽に伸ばした状態にします。

2. 軽く息を吸って、ゆっくり吐きながら、骨盤を踵の方へ動かします。


3. 背骨と骨盤の角度が保てなくなったら、息を吸いながら元の状態に戻しましょう。
※目線は移動中も元のポジション(体と頭が同じ角度)をキープしましょう。

おしりを必ず踵につけることや肩関節をmax伸ばすことが目的ではありませんので、スタート時の状態(ロッキング)が保てるレンジを行き来してみてください!

ロッキング、完!

目次
閉じる