ソラスィック・ラテラル・オープナー

今日は上半身コレクティブエクササイズのご紹介です。

初回のコレクティブエクササイズは骨盤-股関節へのアプローチ(ロックバック)でした↓

下半身の土台は?と聞かれたら
多くの方は骨盤を連想されるかと思いますが、
上半身の土台は?と聞かれたときには何が浮かんできますか?

おそらく一番多い回答は、肩甲骨になるかなと思います。

しかし、もう少し根元に目を向けると肩甲骨の土台が見えてきます!



答えは、胸骨ですね!

胸骨が上半身の土台となって、その上で肩甲骨と腕の骨、鎖骨が連動しながら、意図する方向に可動域を作っていきます!



今回ご紹介したい種目は、胸郭の横方向への拡張を促すコレクティブエクササイズです。
タイトルは、「ソラスイック・ラテラル・オープナー」です!

それでは、手順をご説明します。

【手順】

1. ハーフのストレッチポール(バスタオルでも大丈夫です)とギムニクボールを準備します。

ギムニクボール、ストレッチポール

2. ストレッチポールを枕代わりにして、左側が下になるように横向きに寝ます。

エクササイズ1

3. 股関節を90度に曲げて、ギムニクボールを膝に挟んで、両足が床と平行になるようにします。

股関節セット

4. 肩をリラックスした状態で両手を胸のラインに伸ばして、両手を重ねます。

トレーニングスタートポジション

5. 軽く息を吸って、息をゆっくり吐きながら、右手を水平を保ちながら右方向へ運んでいきます。このとき親指を目で追いながら、体と顔を少しずつ開いていきます。
※一定の圧でボールを挟んでおくことで、骨盤下を固定しながら、純粋な上半身(特に胸郭)の動きを出すことできます。

胸郭拡張ポジション

6. 胸骨または肩関節に詰まりを感じたら、息を吸いながら元の位置に帰ります。

エクササイズ終期

7. こちらの動きを10回繰り返しましょう。そのあと、反対側を同様の手順で行います。

コレクティブエクササイズ全般で共通するポイントは、過度な力を加えないことです!
これは、コンディショニング系のエクササイズでは、なるべく小さな筋肉(閾値の低い筋肉)を使いたいためです。
※閾値の低い筋肉…日常で無意識レベルで働いている筋肉。大きな筋肉(フィジーク)よりも先に反応して、体を制御する役割を担います。
過度な緊張が入った状態では、一時的に可動域が上昇するような感覚が生まれますが、大きな筋肉が優位に働いた状態ですので、本来のフォームとは異なる動きになっています。

トレーニングごとに筋肉を使い分けることが大事になりそうです😃

ぜひご自宅で試してみてください!

それでは、今日はこの辺で!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる