目から腹筋

例えば、「お腹を引き締めたい!!」

という目標を掲げて、腹筋のトレーニングを始めたときに、腹筋よりも首に効いた経験はありませんか??

ポジションまたは種目の変更によって、効きが良くなることも十分考えられますが、できたら、同じトレーニングの中で解決していきたいですね!


何か策はないだろうか…?

例えば、腹筋の感覚を鋭くするために、目を動かしてあげる!ということを試してみましょう!

実は目の動きが少ないこと、または偏っていることで、腹筋が反応しにくいことがあるためです。

目には上下左右斜めの8パターンの動きがありますが、今回は腹筋力を高めたいので、上下の動きを優先的に行っていただくとよいかと思います!

では、ここで一つクイズです!

今回使った目のパワーは、1~3のどれになるでしょうか?

1. 視力

2. 視覚

3. 気合




……


正解は2番の「視覚」です!

3番は万馬券好きの人にお選びいただけたかと思いますが、1と2の違いが少し分かりにくいですね笑

視力とは、物の形を見分ける能力のことで、小さいころから定期的に実施してきた視力検査はまさに一定の距離の記号や文字が見える、見えないを調べる検査です。

一方、視覚は、色・光・視野などの様々情報を処理して脳に伝達することで、広義で視力を含めることもあります!

物体をとらえて、認識するうえで不可欠な要素ですが、

目で仕入れたモノ・コトを、上手に処理して脳に伝えてあげる能力、すなわち「視覚」が伴うことで目の活躍の幅は一気に広がっていきます👍

目はものすごく奥が深いです笑
なので、いっぱいトレーニングに生かすことができそう!

またご紹介しますね!

〈追記〉

昨日、ペルビックティルトという骨盤の傾斜に関する記事をアップしました↓

ここでご紹介している仰向けで骨盤を動かすエクササイズは、上記の目を利用した腹筋の活性にも活かすことができます。
目と骨盤の動きを組み合わせて、腹筋を効果的に鍛えていきましょう!

※目にも骨盤にも動かしにくい方向があるかと思いますので、チェックして見つかったら、目や骨盤をソロで鍛えてあげるのもおすすめです(^^)/

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる