前庭覚

今回は、体の感覚器の1つである「前庭覚」についてです!

以前、視覚と聴覚に関する記事を上げましたが、前庭覚もこれらと同様に、動作の生成におけるキーファクターとなっています。

まず、定義からいきましょう!

前庭覚とは、重力、傾斜、スピード、揺れなどの環境下で、加速を感知するシステムのことで、平衡感覚とも言います。
※前庭器官というのが耳の奥にあります。

一般的に使用している「バランス」と近いイメージで大丈夫ですが、
バランスは前庭覚だけでなく、色々な感覚情報が含まれていますので、より広義な意味合いがあります。

ですので、正確には前庭覚≒バランスという感じで、バランスという大枠の中に結構なボリュームで前庭覚を埋めていただけると、トレーニング中に思い出しやすくなるかなと思います(^^)

バランスを細分化することで、少ないマッスルパワーで体をキープできそうですね!



視覚や聴覚よりも隠れキャラ感(何それ感)があるので、3番目の登場となりましたが、発達過程をたどると3つの中で1番最初にスタートを切っているんです笑

生まれてから準備してもよさそうですが、お母さんの体の中から出た瞬間から、がっつり重力がかかってきたり、最大の祝福でいっぱい加速を受けたりなど、前庭機能がある程度備わっていないと、ぐるんぐるんなってしまいますので、実は形成のタイミングは胎児のころまでさかのぼります。

お腹の中で、外の環境に適応できるだけの、前庭機能を学習しているんですね!

前庭は三半規管と耳石の2つで構成されています。
お仕事内容は、頭や体の動きに応じて、高さと方向に読み取って、情報を脳に伝達することです!

ここで、視覚や聴覚の情報とマッチングしていくわけですね👍

冒頭で場所が耳の奥にあると言いましたが、前庭は聴覚だけでなく、視覚とのコミュニケーションも密に行っています!

感覚器を一つずつつなげていくと、トレーニングの幅が広がっていきそうですね!


今日はバランスを構成する「前庭覚」についてでしたが、how to も交えながらまたサイト内でお伝えしていきます(^^)/

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる