姿勢のニュートラリティ

昨日、お店の内観やトレーニングの写真をカメラマンさんに撮っていただきました!

高精度の画像を収めていただきまして、お店のリアリティがグッとアップしそうです笑

ご協力ありがとうございました!!



こんなにちゃんとしたのを撮ったのは、いつぶりだろう…??

と思ってしまうくらいお久しぶりで、ナチュラルな顔と体ってどんなのだったっけ??
と、特に前半の方は色々な筋肉と会話しながら過ごしておりました笑

写真の段取りのことに3割、あとの7割は個人的には姿勢筋緊張についてずっと考えていました笑

いつも過ごしている場所だから、いけるだだろう!と思っていたのですが、ガチガチに緊張していたようで、カメラマンさんやモデルさんとの会話がなければ、今頃全身筋肉痛だったかもしれません。

これは過度な緊張の典型ですが、姿勢は緊張状態が大きく反映されます!

どうしても、不慣れな環境だと、すぐに緊張を抑制することは難しいですが、自分の意思で「体を正しいポジションに持っていこう!」と思ってしまうと緊張を助長してしまうので、一度ロングブレスの呼吸エクササイズをしたり、本題とは全く異なる話題に触れて思考を開放したり、その環境に寛容な状態を作ってあげれるとよいかもしれません(^^)

姿勢のニュートラリティはその他にも色々な要素が絡んでいますので、たまに取り上げていけたらなと思っています!!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる